すべての電子カルテに連携できるオンライン問診システム
アポクル問診の詳細はこちら

LINE公式アカウント×アポクルの活用事例

アポクル全般

みなさんこんにちは、アポクルの大塚です。
今回は、アポクルとLINE公式アカウントをうまく活用されている医療機関様の事例をご紹介します!

保険診療も、自費診療も売上を伸ばしたい!

とある保険&自費診療を行っている先生から受けたご相談がきっかけでした。

  • 自費診療をおすすめするのが気まずい
  • 患者さんに逃げられたくない
  • でも本当にいいものなので紹介したいのが本音

ということでした。
こういった医療機関様は多いのではないでしょうか。

LINE公式アカウントでのマーケティング

医療機関様において、LINE公式アカウントを活用されている事例がちょこちょこ出てきました。
まだ「どの医療機関も使っている」という状況ではありませんが、マーケティングに力を入れている医療機関様はほとんど導入されている印象です。

まずは無料で始められるのも大きいですよね。

直接伝えにくいことは「知ってもらう」という方法で

そもそもなぜ自費診療の売上が伸びないのか考えました。
紹介をできていないこと、紹介をするハードルが高いこと、患者様に負担に感じてほしくないことなどが主に挙げられました。

患者様は必要性を感じてくれれば自費診療を希望してくださいます。
そして必要性を感じてもらうには、潜在的なニーズに訴えかけていく必要があります。

そこで、LINE公式アカウントで自費診療に関する案内を飛ばすことにしました。

「ともだち」が集まらない

LINE公式アカウントでの発信を決意したはいいものの、そもそもLINE公式アカウントの「ともだち」が数人しかおらず発信しても閲覧してもらえていない状況でした。
今度は「ともだち」を増やすためにどうすればいいのかということを考えました。

予約も電話もお知らせも、LINE公式アカウントで

相談した結果、LINE公式アカウントに「ともだち」登録してもらうために、以下の理由のために設けている、ということにしました。

  • LINEから予約ができる
  • LINEから電話ができる
  • LINEから診療時間が確認できる
  • LINEから休診のお知らせを受け取れる

いちいちHPを開いたりせずに、患者様は簡単にクリニック情報へアクセスできます。
予約もわざわGoogle検索してHPに行かなくてよくなります。

このLINE公式アカウントの案内を、初診の方へは必ず行うとしました。
また、既存患者様に対してはポスターを作りお知らせを行いました。

LINEトーク画面上では、リッチメニューの「予約」ボタンを押すことにより予約を開始できたりしますので、とても便利です。

LINE公式アカウントの「ともだち」数が200人へ!

スタッフさんからのお声かけやHP上での訴求によって、LINE公式アカウントの「ともだち」は2ヶ月で200名を超えました。
まだまだこれから増やしていきたいという先生でしたが、これで自費診療などの案内を患者様負担なくすることができます。
中にはブロックする人もいましたが、多少ブロックされても気にしてはいけません。

自費診療全体の売上が1.7倍に

そのクリニックでは、自費診療に関する投稿を月に2回ほど行っていきました。
医療機関側からすれば常識的なことかもしれませんが、普通患者様はそのメニューにどんな効果があるのか、いくらくらいで受けられるのかなどがわかっていません。
そもそも存在自体を知らない人もいるでしょう。

適度な配信ペースで紹介を行なっていったところ、コロナ禍にも関わらず自費診療の売上を1.7倍(前年比)に増やすことができました。

再診率もアップ

自費診療の売上が上がったと同時に、再診率も30%程度アップしました。
やはりLINE公式アカウントから予約ができ、情報をすぐに確認ができるので、「予約がしやすい」という声が多かったようです。

よっぽどのことがない限り、同じ科の他院へ流れてしまうことはなさそうですね。
一度行っていて安心できるし、予約が取りやすければ、自分に置き換えて考えてもまたそのクリニックに行きます。

アポクルでは「LINEログイン」もご提供中

好評だったお声の中で、アポクル上の患者情報をLINEログインで呼び出せるので楽だ、というお声もいただきました。
アカウント登録が面倒な方もいるので、登録なしでも予約ができるシステムではありますが、登録をして患者情報入力を省略したい方も簡易的にアカウント情報が呼び出せるように「LINEログイン」という機能も付いております。

何かとLINEと連携できるシステムなので、ぜひ皆様もLINEマーケティングにお使いください!

LINEを使いたい人も、使いたくない人も

現在の日本の中で、LINEに対する認識は様々です。
使いたい人も使いたくない人もいらっしゃいます。

アポクルは、LINEを使いたい!という人に対しては各種連携をご提供しますし、LINEを使いたくない!という人に対してはそれでもスムーズに予約ができるような体制を整えております。

医療機関様の課題に対して様々なご提案ができるかと思いますので、是非お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました